伝統工芸士の紹介 / 工房 徳元

siro.jpg

大茂さん.jpg

大茂文則 Fuminori Oshige

本場大島紬伝統工芸士
同 伝統工芸士会会長(元)
(株)徳元 取締役

日本でも数少ない、天然藍による絹糸染色の第一人者。特に、藍染めの中で最も難しいとされる精密な絹絣の染色において我が国随一の技術者。2004年、厚生労働大臣より「現代の名工」(卓越技能者)として表彰される。

1925年 鹿児島県奄美市名瀬市に生まれる
1979年 通商産業省認定 本場大島紬伝統工芸士
1980年 国家検定 1級技能士認定
1989年 全国植物染色研究会 10周年記念講演会発表
1990年 通産省九州局 伝統工芸功労賞
1991年 正藍染工芸展(鹿児島)
     NHK 藍染紹介番組取材・放映
1992年 第1回 国際ウォード・藍会議 日本代表団ドイツにて講演発表
1992年 95年 97年 99年
     東急百貨店 工芸ギャラリー「工房 徳元 絹藍絣の美」展 出品作の染色
1997年 銀座ミキモトホール「絹藍絣の美」展 出品作の染色 及び 作品解説
1998年 京都思文閣美術館「絹藍絣の美」展
      出品作の染色及び、記念講演会発表
2004年 厚生労働省「現代の名工」に選定される
2007年 春の叙勲、瑞宝単光賞を受賞
2008年 全国伝統工芸品公募展
      内閣総理大臣賞 受賞作品の染色
2011年 鎌倉にて展示会
2012年 鎌倉にて展示会
2014年11月逝去

ベース300-200.jpg

F大茂.jpg

大茂隆文 Takahumi Oshige

本場大島紬伝統工芸士

大茂文則氏・長男。
大学卒業後、父親に本格的に師事しながら培った確かな技術で、絹糸の天然藍先染のみならず、現代的な「INDIGO CONTEMPORARY」の洋装・服飾の後染め染色を主に手がけている。

1957年 鹿児島県鹿児島市に生まれる
1983年 大島紬協同組合理事長賞 受賞
2000年 経済産業省認定 本場大島紬伝統工芸士
2001年 パリコレ「YOICHI NAGASAWA」永澤陽一のオートクチュール素材として「徳元・藍シルク」の洋装服地が採用され、染色担当者として発表会場での紹介のため、渡仏。